ESGライブラリ

人材育成

DOWA グループでは、人材・組織におけるビジョンとして「堅実かつ自由な社風を尊重し、長期的な成長基盤を構築することで、社会に新しい価値を提供し続ける、人材と組織を創造する」ことを目指す姿に定め、全従業員を対象に、さまざまな人材育成・活用施策を展開しています。

公正な評価・処遇

DOWAグループでは「仕事を進める能力で評価する」という理念に基づき、以下の方針のもと、公正な評価・処遇に取り組んでいます。

  • 考課者・被考課者が、制度の仕組みや基準の理解を深め、適切な考課や育成に活用する
  • 組織目標を共有し、自らの等級に求められる能力の向上や行動を把握しながら、業務遂行の能力を図る

考課者・被考課者に対する訓練をグループ全体での取り組みと位置づけ、継続的な訓練の機会を設け、適切な評価・処遇・育成に努めていきます。

教育制度

新入社員から管理職まで職位区分に応じて行う階層別教育と、各階層の次世代リーダー育成のための選抜型教育の教育制度を設けています。

トピックス

新入社員研修

DOWAホールディングスでは、毎年約50人の新入社員を採用しています。入社後、社員が最初に受ける教育が新入社員研修であり、当社を支える人材育成の基盤となる重要な研修プログラムです。新入社員研修では「自律型人材」の育成に向け、「入社3年間で一人前に育てる」ことを基本方針としています。当社は、職種や事業ごとの区分のない採用を行っており、入社後の将来のキャリア形成も様々なため、基盤づくりに必要と考える「3年間」を新入社員の集中育成期間として設定しています。また、育成期間後の将来のキャリア形成も見据え、様々なプログラムを編成した集合研修とOJT(On-The-Job Training)を組み合わせた人材育成の仕組みを体系的に整えています。

環境管理体制図

新人研修のテーマ

1年目 社会人としての基礎能力を鍛える〜業務遂行能力を鍛える

入社から約2か月にわたる「新入社員研修」では、事業内容や仕事の進め方、プレゼン研修など、社会人として、またDOWA社員として必要な知識やスキルなどを身に付けるためのプログラムを用意しています。配属後に実施する「フォローアップ研修Ⅰ」では、入社後の半年を振り返り、今後の仕事に生きるスキルを学びます。
学んだスキルを業務に生かした後に、他社からのフィードバックを得て自己内省し、学びと実践を通じて1年目に必要な業務遂行能力を身に付けます。

2年目 入社後一年間を振り返り、業務遂行能力を鍛える

2年目の「フォローアップ研修Ⅱ」では、1年間の業務での学びや課題を後輩である新入社員に向けて発表するポスターセッション(成果発表会)」と、難易度の高い仕事にも対応できるスキルや知識を学ぶ「段取り力研修」を行います。研修終了後には、上司・外部講師のアドバイスを踏まえて作成した自分の業務改善計画を人事部に提出し、2~3か月後に振り返りを行います。

3年目 自己理解と巻き込み力UPで組織改善に取り組む

「フォローアップ研修Ⅲ」では、他部署や他者を巻き込むスキルの学習と実践力の強化に重点を置いた研修を行います。上司や先輩社員からの360度サーベイを参考に、自分の強みを活かして職場に貢献できる行動を考え、研修後に実際に職場で実施していくプログラムです。実施期間中は研修時のグループごとに毎月オンラインミーティングも行います。最後に年度末に開催する集合研修で全体を振り返り、集中育成期間は終了します。

OJT(On-The-Job Training)制度

集中育成期間は、PDCAサイクルを回すことを習慣づけることに重点をおいてOJTを行います。1年目は新人とOJTトレーナー、上司である育成責任者が主体となってOJTを進めます。また、人事部の社員はそれぞれ担当する新人を受け持ち、毎月面談の記録を確認して育成を支援するほか、日常的な相談にも対応するフォロー体制を整えています。