ESGライブラリ

労働安全衛生

労働安全衛生は、DOWAが事業を展開する上での最も重要なテーマの一つです。「安全はすべてに優先する」との基本理念に基づき、国内外の全事業所においてCSR経営計画を策定し、年間計画に基づいた安全活動を展開しています。

労働安全の取り組み

DOWAグループは、年間安全衛生計画に基づいてさまざまな安全活動を展開しています。

安全管理体制

DOWAグループの環境・安全管理活動は、DOWAホールディングスの環境・安全管掌取締役をトップとして、環境・安全部と各事業会社で選任された安全環境担当者が連携して推進しています。DOWAホールディングスは各事業会社間の調整・取りまとめを行うとともに、グループ全体の安全推進活動を実施しています。

安全環境担当者会議

安全環境担当者会議は環境・安全部と各事業会社および技術サポート会社の担当者が毎月集まり、全社安全活動の推進についての討議や、各社の活動内容の共有、相互支援を行う場となっています。また、事故や災害が発生した場合、事実確認や原因究明、応急および恒久対策についての議論を行い、フィードバックしています。会議で決定した内容や対策などの事項は、担当者から各事業子会社へ展開し、迅速な情報共有を図る仕組みを構築しています。

安全環境担当者会議
地区安全会議

各地区の安全活動メンバーがお互いの活動事例やアイデアを共有し、相談し合える交流の場として設けています。異なる分野間での協力・連携を行うことで、安全活動レベルの底上げを図っています。

新規事業安全監査

DOWAグループでは、新規に立ち上げる事業の安全監査を行っています。新規事業に関してはグループの建設工事の構想検討、基本設計、詳細設計の各段階における標準ルールである設備調達マニュアル(DTMS:DOWA Technical Manufacturing Standard)に基づいて設計・施工しています。また、工場完工段階の事業開始前においては、必要な体制の整備状況や事前に想定できる環境保全面・労働安全衛生面のリスク潰し込み、残留リスクの把握と対策についてチェック表に基づいて評価を行い、確認・指導しています。指摘事項についてはフォローアップを行い、改善状況を確認しています。

安全教育による人材育成

環境・安全部では、能力アップ、コンプライアンス、リスクアセスメントの向上を目的として人材育成に努めています。会社・工場・職場の安全水準を向上させるためには、安全について学ぶべき内容を、それぞれの立場や責任において理解することが重要と考えます。環境・安全部は教育プログラムと対象階層を人事部とともに見直し、教育強化を図っています。

労働災害

DOWAグループ全体の災害件数は長期的に見ると減少傾向にあります。環境・安全部では、災害分析により労働災害の発生しやすい作業や年代、事業所などの特徴を捉え、重点指導を行っています。

災害発生件数が多い事業所への重点指導

環境安全担当者会議は、労働災害頻度の高い事業所に対して安全体制の改善と支援・指導を行っています。外部コンサルタントによる客観的な視点を取り入れつつ安全監査や安全衛生診断を実施し、改善を推進し、安全レベルの向上を図っています。

健康経営

DOWAグループは、健康経営宣言を制定し、健康維持・増進に関する取り組みを推進しています。

●健康経営宣言

私たちDOWAグループは、グループで働くすべての人およびその家族の健康維持・増進に取り組み、心身ともに活き活きと働ける職場を築いていきます。

●健康維持・増進に向けた取り組み

  1. 従業員・家族の健康状態の把握や保健指導による、疾病の早期発見と重症化予防の支援
  2. 職場環境の改善や多様な働き方の促進による、健康を支える基盤の整備
  3. 生活習慣改善の促進による、一人ひとりの健康づくりの支援

推進体制

健康経営の取り組みは、DOWAホールディングスの人事管掌取締役を責任者とし、グループ各社の人事担当部門・安全担当部門・産業医および健康保険組合における推進体制を整備・構築しながらグループ全体で推進しています。