サステナビリティ関連方針

サステナビリティ基本方針

私たちDOWAグループは、企業理念およびビジョンの実現に向けて、社会課題の解決に貢献する事業活動を推進し続けることにより、企業価値の向上と持続可能な社会の構築への貢献を両立させていきます。

国連グローバル・コンパクト

DOWAグループ『サステナビリティ基本方針』は、国連グローバル・コンパクトの原則を踏まえ、『DOWAグループの企業理念、ビジョン、価値観、行動規範』に則り策定しました。

DOWAグループでは、国際連合が提唱する人権、労働、環境、腐敗防止に関する10原則からなる「国連グローバル・コンパクト」に2009年から参加しています。

「国連グローバル・コンパクト」とは、1999年に国連のアナン事務総長(当時)が提唱し、2000年に国連本部にて正式に創設された、企業による自主行動原則です。各企業が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取り組みです。

DOWAグループでは、今後もグローバル企業として成長し続けるために、コンプライアンスはもとより、CSR調達や温暖化対策などのグローバルな環境活動を通じ、下記10原則を尊重し確実に実践していくことで、社会の持続的発展に向けてグループを挙げて活動してまいります。

国連グローバル・コンパクトの10原則

  • 人権擁護の支持と尊重
  • 人権侵害への非加担
  • 組合結成と団体交渉権の実効化
  • 強制労働の排除
  • 児童労働の実効的な排除
  • 雇用と職業の差別撤廃
  • 環境問題の予防的アプローチ
  • 環境に対する責任のイニシアティブ
  • 環境にやさしい技術の開発と普及
  • 強要・賄賂等の腐敗防止の取組み

※国連グローバル・コンパクトについての詳細は、以下のHPをご参照ください。