被災地に本を届けるプログラムに寄付を行いました

DOWAグループでは、2012年3月~5月の約3ヶ月間にわたり、ブックオフオンライン株式会社様のご協力を得て、「ボランティア宅本便」の取り組みに参加しました。


いわてを走る移動図書館プロジェクトこの取り組みは、家庭で不要になった本やCDを社員が持ち寄り、その買い取り金額をさまざまな団体に寄付できるもので、DOWAグループは被災地で移動図書館プロジェクトを行うシャンティ国際ボランティア会に寄付しました。
「いわてを走る移動図書館プロジェクト」は、津波で大きな被害を受けた岩手県沿岸部の仮設住宅を定期的に回り本を届けるプロジェクトで、回収された本やCDの売却費用は、移動図書館の本の購入費用などに充てられます。


いわてを走る移動図書館プロジェクトシャンティ国際ボランティア会様に直接お話を伺う機会をいただき、貸し出す書籍を被災地の書店で購入されていることや司書の方を現地雇用されるなど、いろいろな視点から被災地の自立に配慮した活動であることも伺い、活動の目的や趣旨を再確認させていただきました。

また、これらの本がきっかけで仮設住宅に住む方々同士の交流が深まり、本のリクエストを通じて、被災者の方々が現在何を必要とされているか理解することにも繋がっているそうです。


本やCDの募集箱今回、初めてとなる試みでしたが、社内イントラネットを活用し、本やCDの募集を呼びかけたところ3ヶ月間で、2,887点の本やCDが集まり、「このような活動を継続して行って欲しい」など、社員からも多くの声が寄せられました。

当初、本社のみの回収を予定して開始しましたが、各所の工場から参加したいというリクエストがあり、予想をはるかに上回る社員に参加してもらえました。

「何か少しでも役に立てれば」という個人個人の気持ちが、回収された本やCDを通して目に見える活動であり、資源循環型の事業を行うDOWAにとって、不要となった本やCDが価値を生み、再び誰かの役に立てるというこの活動は共感を持って行える取り組みでした。


また、本の貸し出し用の袋として活用していただくため、当社オリジナルエコバッグを被災地へお送りするなど、その後の支援にも繋がっています。


今後もDOWAグループとして、様々な形での震災復興支援を検討していく予定です。


このページのトップへ